思考で遊ぶ 好きなもの探求日記

迷走しながら気まぐれに発信中

7月25日 かき氷の日

「かき氷」という名前は、東京方言の「ぶっかきごおり」に由来する。

夏氷(なつごおり)、氷水(こおりみず)、近畿では「かちわり」とも呼ばれる。

 

「フラッペ」はフランス語「Frappe」に由来し、本来はクラッシュドアイスにリキュールなどの酒類を注いだ飲料のことらしい。

(なんだか大人の食べ物という感じがします!)

 

日本のかき氷で最も古い史実は、平安時代清少納言枕草子」の「あてなるもの」(上品なもの、良いもの)の段に、金属製の器に氷を刃物で削った削り氷(けずりひ」に甘葛(あまかづら)というものをかけていたそう。

 

「削り氷にあまづら入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と記述されている。当時のかき氷は小刀で削るもので特権階級しか口にできないものであったそうです。

 

最近はブームで、夏になると様々なかき氷が楽しめ、誰でも簡単においしいかき氷が味わえるようになりました。幸せな時代ですね。