思考で遊ぶ 好きなもの探求日記

迷走しながら気まぐれに発信中

「L」と「R」の発音。にっこり笑って?口笛を吹く?

英語の発音で、

日本人がもっとも苦手とされるものの1つが「L」と「R」の違い。  
  
つい最近のニュースで、

装置でLとRの発音の聞き分けができるようになる研究が発表されていました。  

https://mainichi.jp/articles/20170624/k00/00e/040/255000cmainichi.jp

 
しかしこの装置、まだまだお高いそうで・・・  
将来的には、発音の聞き分けどころかAIが進化して、

英語なんて勉強しなくても良い時代がくるのでしょうが、  今すぐというわけには行かない・・・。  
そんなわけで、アナログな区別の仕方をご紹介。  
  
「L」の音。  
まず、にっこり口を横に引っ張るイメージで口を開きます。  
下先は上の歯茎の裏側に付けたところから話す。  
ご機嫌に笑顔で「ラララ~」と歌を歌うような感じ。  
  
「R」は反対に、舌先が口の中のどこにもつかないような状態。  
口笛を吹くように口をすぼめて、「う」というようなイメージ。  
自然と舌先がどこにも付かなくなります。  
その状態で「ら」と言ってみると、ちょうどよい音になります。  
 

では違いを意識して言ってみましょう!


right / light  

rice / lice
  
じょうずに違いを発音できましたか?  

音を間違えると、全然違う意味になってしまうから要注意ですね!

lifewithanimals.hatenadiary.jp