思考で遊ぶ 好きなもの探求日記

迷走しながら気まぐれに発信中

ドーナツって、なぜ「doughnut」???

国民的おやつのドーナツ。英語では「doughnut」

f:id:funwithnature:20170618121410j:plain 画像はお借りしてます。

辞書で調べるまでもないけど、どんな解説なのか興味があって調べると…
⇒ a small, circular cake, fried in hot fat, either with a hole in the middle or filled with jam
この単語を分解すると、「dough」+「nut」=「doughnut」           
           
「dough」の意味は、                      
 flour mixed with water and often yeast, fat, or sugar, so that it is ready for baking:            
ケンブリッジ英英和辞典      焼き菓子やパンの生地のこと。           
           
「nut」はご想像の通り、          
the dry fruit of particular trees that grows in a hard shell and can often be eaten:            
ケンブリッジ英英和辞典    「木の実」           
 
パン生地はわかるとして、なぜ木の実?
ドーナツはリング状のものや、中にジャムなど詰め物をしたものがドーナツじゃないの?
木の実はいったいどこからきたのか???
 
"Smithonian.comによると、Mrs. Gregory put hazelnuts or walnuts in the center, where the dough might not cook through, and in a literal-minded way called them doughnuts.    とあり、Wikipediaでも一部引用されている。
 
真ん中は火の通りがわるくなるから、全体がカリッと揚がるように木の実をねりこむ工夫をしたんですね。 そのうち木の実をいれるのではなく、真ん中に穴を開けたり、ジャムを入れたりしてるんですね~。おもしろい! 
 
※日本語の語源サイトでは、焼いたものにナッツを乗せていたという記述が多い。
起源や由来には諸説あるようでなんともいえないけど、当ブログでは英語サイトが最も信憑性が高いと判断しました。