思考で遊ぶ 好きなもの探求日記

迷走しながら気まぐれに発信中

和菓子の日にちなんで・・・・御座候

6月16日は和菓子の日でした。ちゃんと歴史があるようで…

Wikipediaより引用。

平安中期の承和年間、国内に疫病が蔓延した。仁明天皇は年号を嘉祥と改め、その元年(848年)の6月16日に、16個の菓子を神前に供えて、疾病よけと健康招福を祈ったとされる。

これを起源として、6月16日に厄除け・招福を願って菓子を食う「嘉祥菓子」の習俗が、さまざまに形を変えながら、平安期から中世近世まで存続した。江戸幕府においては、6月16日を嘉祥の日とし、お目見え以上の身分のものには大広間で和菓子が与えられた[2]

全国和菓子協会は、こうした故事にちなみ、日本の食文化を正しく後世に伝え残すために一層の努力を積み重ねることを目的として、この記念日を制定した。

直近の週末に、明治神宮菓道敬神会の主催により、明治神宮で無料の和菓子配布イベントが行なわれている。会員の和菓子職人たちがその場で練り切りを作り、参詣客に配布する。

 

昔は甘いものは貴重だったから、縁起物だったのでしょうね。

 

毎週土曜日に楽しみにしている「みをつくし料理帖」でも、17日の放送回は偶然か意図的か、和菓子がテーマになっていました。

原作・高田郁先生のちょい足し料理帖 第5回「ひとくち宝珠」 | みをつくし料理帖

 

残念ながら、和菓子を作る技量も時間もなかったのですが、手っ取り早く「御座候」をゲット。

 「御座候」とは、今川焼、大判焼き、回転焼きと同じものを指します。

関西では「御座候」で通じます。御座候とは…

お買い上げ賜り、ありがたく御座候という感謝の意に由来するそうです。

なんとも素敵な商品名ですね。

御座候 に対する画像結果 画像はおかりしました。

 数年前に工場見学とミュージアムにも行きました。あずきワールド堪能できますよ。笑