思考で遊ぶ 好きなもの探求日記

迷走しながら気まぐれに発信中

「Bird」と言ってもいろいろ。オウムとインコの違いって?

「bird」から、ちょっぴりアップグレードした単語でよく出てくるのが「parrot」と「parakeet」

 

日本語では「parrot」はオウム。「parakeet」はインコ。

オウムとインコの違いって、なんだと思いますか。

 

parrot

>a tropical bird with a curved beak and colourful feathers that can be taught to copy what people say ( referring to Cambridge dictionary)

>a tropical bird with a curved beak and brightly coloured feathers that can be taught to copy human speech (referring to Longman dictionary)

Longman Dictionary of Contemporary English (6E) Paperback & Online

parakeet

>a small parrot with a long tail ( referring to Cambridge dictionary)

>a small brightly coloured bird with a long tail (referring to Longman dictionary)

Paperback Oxford English Dictionary 7/E

 

上記辞書の情報から簡単にまとめると・・・・

 

parrotの特徴

「熱帯に生息している」「カラフルな羽」「湾曲した嘴」「人間の言葉をまねる」

オウム フリー画像 に対する画像結果

Sulphur-crested Cockatoo 画像はおかりしています。

 

parakeetの特徴

「熱帯に生息している」「カラフルな羽」「小型の鳥」「長い尾羽を持つ」

インコ フリー画像 に対する画像結果

budgerigar 画像はおかりしています。

 

が!

名前に「インコ」がついているオカメインコ実際はオウム類「cockatoo」です。

Cockatielmale.jpg

cockatiel  画像はおかりしています。

 

モモイロインコもオウム。

Eolophus roseicapilla -Yulara -Northern Territory-8-3c.jpg

galah 画像はおかりしています。

 

筆者が調べた限り、オウムとインコを区別しやすい最大の特徴は「crest 冠羽」

オウムはカラフルと言っても白など淡色が多く、インコは色とりどりで派手。

生物学的分類と一般的な総称とは一致しないようです。

 

 なので、英会話ではセキセイインコなどのカラフルで小型の鳥なら

I have a parakeet.

いわゆるオウムのような大型の鳥なら

I have a parrot.

と表現すれば、スピーカーとしては最低限のイメージは十分伝わる表現力だと思います。

 

オウム、インコについて、もっと知りたい方におススメ。